戦車4両が公道を移動、1両が国道で立ち往生

陸上自衛隊第7師団の90式戦車4両が26日夜、司令部がある東千歳駐屯地から苫小牧西港に向け、公道を走って移動しました。
うち1両は、出発の約1時間後に国道36号で不具合を起こして走行不能となりました。
矢臼別演習場での訓練の参加が目的で、この区間の公道の戦車の走行は5年ぶりだそうです。
4両は午後9時に出発し、時速10~20キロで国道36号などを通過しました。
騒音軽減などのため、走行用ベルトにゴムを付けて走ったが、沿道に低いごう音が響きました。
走行不能になった1両は午後10時ごろから2時間半以上にわたって停車し、トレーラーに積まれて東千歳駐屯地に戻りました。
残る3両は午後11時50分ごろに約30キロ離れた同港に到着しました。
定期コンテナ船に積載されて27日夕に出港、28日に釧路港に着きます。
駐屯地近くには、千歳の市民団体「『戦争法』反対アクションinちとせ」などのメンバーら約30人が集まり、横断幕を掲げて抗議。
苫小牧市内では岩倉博文市長が沿道で視察しました。
この区間で戦車が自走したのは、九州での演習に同師団が参加した2011年11月以来です。
矢臼別での訓練は20日~7月15日に実施します。
帰りは戦車をトレーラーに積んで運ぶため、自走はしないそうです。

接客ロボ、ドコモが新サービス

NTTドコモが27日、タカラトミーと共同開発したロボット「オハナス」に会社の受付やスーパーの接客などをさせるサービスを始めると発表したそうだ。ドコモが開発した人工知能と音声認識機能を使い、話しかけると9割の確率で会話が成立するという。ソフトバンクの「ペッパー」のライバルになりそうだ。
オハナスは、利用者の問いかけに答えるドコモのサービス「しゃべってコンシェル」の技術を応用し、昨年10月に市販された。市販品は2万パターンの会話ができるが、今回のサービスでは商品紹介や業界ならではの会話など50パターンを追加できるという。オハナスとセットのタブレット端末に企業のホームページなどを表示することが出来るとのこと。
企業やお店がオハナスを「雇う」いは、まず1万9800円で本体を買い、1台当たり月々3万5千円を払うそうだ。初期費用50万円も必要で、こちらは何台使っても一律とのこと。ペッパーは1台当たり初期費用9800円、とレンタル3年契約の場合は月々5万5千円がかかるという。
ペッパーと性能的にどう違うのかにもよるが、初期費用がペッパーよりもかかるので導入を見送る企業も多そうだ。

熊本、避難所にエアコン設置へ

熊本地震から、明日で早くも一ヶ月が経とうとしている。未だ自宅の倒壊などから避難生活を続ける人は多く、エコノミークラス症候群や食中毒など避難生活の改善が求められる箇所も多い。
5月上旬、熊本でも地域によって28度を超える夏日が増えてきたという。これをうけて、避難所となっている体育館などでエアコンが設置されるようになってきた。
震災から2週間ほどのニュースでは、飼い主と共に避難生活を送るペットの熱中症が心配されるというものがあった。動物は人間より体温が高いものだが、そろそろ人間も熱中症に警戒しなければならない時期だ。
昨日の時点で、およそ1万1200人が避難生活を余儀なくされているという。学校が再開するなど生活の復興は進んでいるが、ゴールデンウィーク明けからボランティアが減少しているなど問題もあるため、せめて体調管理は気を付けたいところだ。

「徹子の部屋」40周年

黒柳徹子さんが司会を務める、テレビ朝日系列の人気番組の「徹子の部屋 祝40周年最強夢トークスペシャル」の収録が4月22日、東京の六本木で行われました。
収録後のスタジオにて、ゲストの明石家さんまと所ジョージが参加をして、記念セレモニーを実施しました。
特製のケーキがスタジオ内に運び込まれると、黒柳はさんまと腕を組んで新婚カップルのようにケーキ入刀しました。
黒柳さんは、報道陣にこの40年間について「ゲストが休まずに必ず来てくれました。ゲストがいなければ成り立たない番組です」と感謝の思いを吐露しました。
今後、番組に招きたいゲストを問われると、日本中を放浪したことで知られる画家の故山下清さんの名前を挙げました。
同番組の収録では、さんまさんが「ベッキーちゃんやSMAPあたりを呼ぶと世間は喜びますよ!」と笑い飛ばし、所さんが「解散で話題になるのならば、我々も解散しましょう!」と笑いを取りにいったが、黒柳さんは無反応だったとのことです。

珍味ふなずし振興へファンド

師が特産の珍味・ふなずしの生産支援に向け、インターネット上で市民から小口資金を募る「クラウドファンディング」が誕生したそうだ。立ち上げを支援した滋賀銀行が23日発表したとのこと。
師が国産品を対象とする小口ファンドは近江牛や淡水真珠など多彩に広がっており、滋賀銀は特産品のブランド化と地場産業の振興につなげるという。
大津市の石山寺近くに店を構え、昔ながらの製法でふなずしを作っている至誠庵と、ファンド運営のミュージックセキュリティーズが組成したそうだ。資金は原料のニゴロブナを仕込む生産設備の増強などに充てるという。ファンドは1口2万円で募集額は462万円。出資者にはふなずしの切り身と湖魚の佃煮セットを贈るとのこと。
滋賀銀が業務提携しているMS社が、湖国産品で小口ファンドを立ち上げるのは今回で18件目。金融機関の融資とは異なり、一般投資家から広く出資を募ることで企業や商品のPRやファンの開拓と言った幅広い効果が期待できるという。
ふなずしは独特のにおいと高価なことから敬遠されがちなふなずし。PRすることで食べる人が増えるといいのだが。

カギ縄振り回した少年、逮捕

東京都日野市の路上で、男性が15歳の少年に刺され、警察官が拳銃を発砲して少年が逮捕された。
少年は包丁で突然24歳の男性の右足を刺し、重傷を負わせた。男性はかなり出血したようで、目撃者によると服の色が血で変色し光って見えたという。
その後、少年は忍者が使う「カギ縄」と呼ばれる鉄製の道具を振り回してパトカーの窓を割って、服を脱ぎ捨て包丁を持ち警察官に向かっていった。カギ縄は消防車にひっかかったという。警察官は「包丁を捨てないと撃つぞ」と警告。ところが少年が従わなかったため、足に向けて発砲、少年を現行犯逮捕した。弾は当たらなかったため、少年と警察官は無傷だった。
少年は「警察官を刺そうとした、警察官に拳銃で撃ってほしかった」と取り調べで話しているという。
犯行に至った動機やカギ縄の入手元が気になる。

長崎教会群の世界遺産登録見送り

今年の夏の世界文化遺産登録を目指していた、長崎の教会群とキリスト教関連遺産について、政府は今月9日の閣議で、ユネスコ(国連教育科学文化機関)への推薦を取り下げることを決めました。
2018年以降の登録に向けて、内容を見直し、再提出するといいます。
長崎教会群は、国宝「大浦天主堂」などといった、14資産で構成されています。
キリスト教伝来から徳川幕府による弾圧を経て、明治以降に復活するまでの一連の歴史的価値を訴えています。
文化庁によりますと、事前審査したユネスコ諮問機関は、1月15日付の中間報告書で「日本でのキリスト教文化の特殊性は、2世紀以上にわたる禁教期にある。その、禁教の歴史的文脈に焦点を当てるべき」と、内容の見直しを要望しました。
「登録」など、4段階ある勧告のうち、下から2番目となる、「登録延期」に相当する表現だったといいます。

宇宙育ちの花が開花

NASAによると、国際宇宙ステーション(ISS)で昨年11月から育てていた百日草が花を咲かせたそうだ。米国人宇宙飛行士スコット・ケリーさんが16日、ツイッターで「宇宙育ちの花が初めて咲いた」と報告したとのこと。
NASAは将来の有人火星探査を視野に、新鮮な食料確保の手段として、発行ダイオードの光を当てて植物を育てる実験を続けているという。百日草は、無重力状態で開花や成長などを調べる目的で種から育てているそうだ。2018年に予定されるトマトの栽培にも役立てるという。
昨年8月には、油井亀美也宇宙飛行士らがISSで栽培したレタスを試食したことが伝えられた。百日草はレタスより環境に敏感で育てるのが難しいといい、一時は湿度管理が不十分でカビが生えるなどしたが、ケリーさんの手入れで持ち直したそうだ。
米メディアによると、ISSでは12年に米国人宇宙飛行士が個人的に育てていたヒマワリが開花したことがあるという。
宇宙空間でも植物が育つというのは驚きだ。今後も順調に農作物が作れるようになれば、移住も夢ではないかもしれない。

1人暮らし、何が不安?

(株)アルティメット総研が、新生活・1人暮らしに関するアンケート調査を実施した。対象は運営サイト『ウチコミ!』の入居希望会員で、有効回答数は592。
初めての1人暮らしで何が不安だったかに対する回答は・・・
食事面18.5%
部屋に1人でいること18.1%
掃除洗濯16.8%
が同水準となり、「1人で暮らすこと自体が不安」という回答が13.7%もあった。
東京・神奈川・千葉・埼玉で暮らしてみて感じたことに対する回答は・・・
遊ぶところが多い24.4%
近所づきあいが全くない20.1%
人が多くて疲れる18.3%
人が多くて楽しい13.4%
となった。
どんな大家から部屋を借りたいかに対する回答は・・・
困ったときにすぐに対応してくれる31.2%
親身に相談にのってくれる20.6%となった。
上京してきての1人暮らし。親の転勤についていけないので1人暮らし。きっかけはさまざまだろうが、最初は不安でいっぱいだ。なにかあったとき助けてくれる人が周りにいるというのは恵まれたことだと周りの人に感謝しよう。

石川遼、国内メジャー初制覇

石川遼が初のメジャータイトルを見事獲得して、今シーズンを締めくくりました。
後続に3打差の首位からスタートして6バーディ、3ボギーの「67」でプレーし、通算14アンダーで逃げ切って今季最終戦を制した。ただ一人4日間「60」台でプレーし、後続に5打差。9月の「ANAオープン」以来の今季2勝目でツアー通算13勝としました。
石川は優勝インタビューで、「正直、最後までどうなるか分からないと思っていたので、やっと解放されたなという感じ。アメリカでときには孤独な戦いになるが、この18番での景色を思い出してがんばる」と語りました。
通算9アンダーの2位で、小田孔明と藤本佳則が並んだ。昨季賞金王の小田はシーズン未勝利に終わった。通算6アンダーの4位に池田勇太が続いた。前年覇者の宮本勝昌は韓国のハン・ジュンゴンとともに、通算4アンダーの6位に入りました。
岩田寛が「67」でプレーをし、通算1アンダーの12位。今季賞金王のキム・キョンテ(韓国)は通算1オーバーの17位で今シーズンを終えたました。