戦車4両が公道を移動、1両が国道で立ち往生

陸上自衛隊第7師団の90式戦車4両が26日夜、司令部がある東千歳駐屯地から苫小牧西港に向け、公道を走って移動しました。
うち1両は、出発の約1時間後に国道36号で不具合を起こして走行不能となりました。
矢臼別演習場での訓練の参加が目的で、この区間の公道の戦車の走行は5年ぶりだそうです。
4両は午後9時に出発し、時速10~20キロで国道36号などを通過しました。
騒音軽減などのため、走行用ベルトにゴムを付けて走ったが、沿道に低いごう音が響きました。
走行不能になった1両は午後10時ごろから2時間半以上にわたって停車し、トレーラーに積まれて東千歳駐屯地に戻りました。
残る3両は午後11時50分ごろに約30キロ離れた同港に到着しました。
定期コンテナ船に積載されて27日夕に出港、28日に釧路港に着きます。
駐屯地近くには、千歳の市民団体「『戦争法』反対アクションinちとせ」などのメンバーら約30人が集まり、横断幕を掲げて抗議。
苫小牧市内では岩倉博文市長が沿道で視察しました。
この区間で戦車が自走したのは、九州での演習に同師団が参加した2011年11月以来です。
矢臼別での訓練は20日~7月15日に実施します。
帰りは戦車をトレーラーに積んで運ぶため、自走はしないそうです。