宇宙育ちの花が開花

NASAによると、国際宇宙ステーション(ISS)で昨年11月から育てていた百日草が花を咲かせたそうだ。米国人宇宙飛行士スコット・ケリーさんが16日、ツイッターで「宇宙育ちの花が初めて咲いた」と報告したとのこと。
NASAは将来の有人火星探査を視野に、新鮮な食料確保の手段として、発行ダイオードの光を当てて植物を育てる実験を続けているという。百日草は、無重力状態で開花や成長などを調べる目的で種から育てているそうだ。2018年に予定されるトマトの栽培にも役立てるという。
昨年8月には、油井亀美也宇宙飛行士らがISSで栽培したレタスを試食したことが伝えられた。百日草はレタスより環境に敏感で育てるのが難しいといい、一時は湿度管理が不十分でカビが生えるなどしたが、ケリーさんの手入れで持ち直したそうだ。
米メディアによると、ISSでは12年に米国人宇宙飛行士が個人的に育てていたヒマワリが開花したことがあるという。
宇宙空間でも植物が育つというのは驚きだ。今後も順調に農作物が作れるようになれば、移住も夢ではないかもしれない。