1人暮らし、何が不安?

(株)アルティメット総研が、新生活・1人暮らしに関するアンケート調査を実施した。対象は運営サイト『ウチコミ!』の入居希望会員で、有効回答数は592。
初めての1人暮らしで何が不安だったかに対する回答は・・・
食事面18.5%
部屋に1人でいること18.1%
掃除洗濯16.8%
が同水準となり、「1人で暮らすこと自体が不安」という回答が13.7%もあった。
東京・神奈川・千葉・埼玉で暮らしてみて感じたことに対する回答は・・・
遊ぶところが多い24.4%
近所づきあいが全くない20.1%
人が多くて疲れる18.3%
人が多くて楽しい13.4%
となった。
どんな大家から部屋を借りたいかに対する回答は・・・
困ったときにすぐに対応してくれる31.2%
親身に相談にのってくれる20.6%となった。
上京してきての1人暮らし。親の転勤についていけないので1人暮らし。きっかけはさまざまだろうが、最初は不安でいっぱいだ。なにかあったとき助けてくれる人が周りにいるというのは恵まれたことだと周りの人に感謝しよう。

石川遼、国内メジャー初制覇

石川遼が初のメジャータイトルを見事獲得して、今シーズンを締めくくりました。
後続に3打差の首位からスタートして6バーディ、3ボギーの「67」でプレーし、通算14アンダーで逃げ切って今季最終戦を制した。ただ一人4日間「60」台でプレーし、後続に5打差。9月の「ANAオープン」以来の今季2勝目でツアー通算13勝としました。
石川は優勝インタビューで、「正直、最後までどうなるか分からないと思っていたので、やっと解放されたなという感じ。アメリカでときには孤独な戦いになるが、この18番での景色を思い出してがんばる」と語りました。
通算9アンダーの2位で、小田孔明と藤本佳則が並んだ。昨季賞金王の小田はシーズン未勝利に終わった。通算6アンダーの4位に池田勇太が続いた。前年覇者の宮本勝昌は韓国のハン・ジュンゴンとともに、通算4アンダーの6位に入りました。
岩田寛が「67」でプレーをし、通算1アンダーの12位。今季賞金王のキム・キョンテ(韓国)は通算1オーバーの17位で今シーズンを終えたました。