エアアジア日本 来年4月就航

日本市場への再参入を目指す、LCCのエアアジア・ジャパン。
エアアジア・ジャパンは10月6日、中部空港から札幌、仙台、台北の3路線を、2016年4月上旬に同時開設することを発表した。
いずれも1日に2往復で、毎日運航する予定とのこと。
同社は、6日に国土交通省航空局から航空会社として就航するために必要となる、航空運送事業の許可を取得した。
初号機のエアバスA320型機は、16日にフランスのトゥールーズから中部空港へ到着する。
航空券の販売開始は、11月後半を予定している。
運賃は大手の同一路線の普通運賃と比べて、半分から3分の1程度に設定するとのこと。
機材は当初A320が2機で、2016年末までに6機体制を整えるという。
その後は、1年に5機ずつ増機を計画しており、就航から3年で16機体制を目指す。