世界最速のカメ、38年ぶりに記録更新

英国で飼い主と暮らす陸ガメの「バーティ」が、ギネス・ワールド・レコーズで世界一足の速いカメに認定されたそうだ。
イングランド北東部のダラムにある公園で移動速度の測定に臨んだバーティは、陸上選手のウサイン・ボルトさながらの力強い走りを披露。時速965メートル前後のタイムをたたき出した。これは100メートルを6分台で移動できるペースとのこと。ギネス・ワールド・レコーズによると、バーティの記録は1977年に同じく英国在住だった「チャーリー」が打ち立てた陸ガメの世界最速タイムを上回るという。
バーティの飼い主のマルコ・カルツィーニさんは「ギネスブックに載るという夢が叶った。とてつもない快挙だ」と誇らしげに語った。
2016年版のギネスブックにはバーティのほか、ウサギとしては世界一長い体毛を持つ米カリフォルニアの「フランチェスカ」や、前足を使って1分間で最も多くのボールをキャッチした子犬の「プリン」などが登場する予定だという。
100メートルを6分台で走ってもカメの中では最速、ということはカメの平均タイムはいくつぐらいなのだろうか?測定する方も大変そうだ。