自撮り棒

スマートフォンや携帯電話で自分撮りを行う「selfy」が世界的に流行している。その「selfy」ブームに合わせて、スマートフォンを先端に設置して自撮りができる通称”自撮り棒”とも呼ばれる「セルカ棒」という便利グッズも出回っている。ただ、この自撮り棒、ツイッターなどでは街中で使用するのは危険だというツイートも多くみられる。実際、東京ディズニーリゾートでは自撮り棒の使用を禁止しているそうだ。オリエンタルランドの広報部曰く、「ゲストの安全を考慮して、当パークではセルカ棒の使用を禁止させていただいている。伸ばした棒の先端などが、顔や体に当たると危険なので」ということなのだそうだ。東京ディズニーリゾートではセルカ棒だけでなく、三脚の使用も禁止しているとのこと。こちらもゲストの安全を考えてのことだそうだ。パーク内で実際にセルカ棒などを使用しているのを見かけた際は、「キャストよりお声掛けさせていただき、使用をご遠慮してもらう」とのこと。園内での撮影についてはタイマーを使用するか、キャストに頼んだ方が良いだろう。テーマパークなど混雑するところなどは自撮り棒の扱いにも注意が必要だろう。今のところ大きな事故などは起きていないようだが、くれぐれも気を付けなければならない。